0に戻る

女 タラレバ娘が愛読書 お酒と食べ物の表現がうまい小説が好き

彼氏が仕事を辞めました

 

まあでも知ってた

こうなることは

 

そんなことよりかは

自分の中で大人に対する幼少期からの昔年の恨みがまだつもっていることが疲れている

もう自分も十分にいい大人なのに

 

私は昔から自分が結婚するとは思っていなかったし

それはこれからも思っていないけど

私がこんな考え方なのに親は私が結婚できると思っていることとか

いわゆる普通の男性を連れてくると思っていることがいやらしいと思う

 

そもそもこんな私と一緒に暮らし

ドレスを着せて式を挙げて新婚旅行にいこうなんて気持ちになる男性はまずいないでしょうし、いると思うことがまずおこがましいとすら思う